野球肩になる原因は?

よく野球肩になる原因は

「フォームが悪い」

事だと言われています。

肩に負担が掛かりやすくなれば
痛みが出るのは当然です。

では、フォームが良くなれば
野球肩にならないのでしょうか?

答えは「NO」です。

フォームが良くても
肩の負担が大きくなれば
野球肩になります。

要するに投げすぎです。

しかもただの投げすぎではなく

「全力投球での投球数」

が特に重要なポイントとなります。

「全力投球」は本気で投げるとか
気持ちの面ではありません。

ノーバンで投げる距離で判断すします。

遠投は全力投球。

ピッチングも全力投球。

小学生であれば塁間も全力投球。

こんな感じで全力投球は
感覚で判断しない方が良いです。

一応、全力投球の日本のガイドラインでは

小学生 1日50球以内 週200球を超えない
中学生 1日70球以内 週350球を超えない
高校生 1日100球以内 週500球を超えない

とされています。

簡単に言えばこれを超えてくると
野球肩になるという事です。

フォームは筋力やバランス感覚などでも
習得できるかどうか変わってきます。

まずは、どれくらいボールを投げているのか
そこから見直す必要があります。

そして体づくりをして
フォームを改善していく必要があります。

どんな野球肩が改善できるの?

基本的に手術が必要になる野球肩は
当院では改善できません。

ぎおん鍼灸整骨院に来院する方をみると
主に使い過ぎによる痛みであったり
遠投で痛みが出たという方は
改善している人が多くなっています。

以下のような方は改善する事が多いです。

肩の動く範囲が狭くなっている方

インナーマッスルが弱くなっている方

フォームが悪くなっている方

股関節が固くなっている方

猫背になっている方

肩甲骨が固い方

投球フォームが理論的にわからない方

左右差が大きかったり
柔軟性の低下は野球肩になりやすいので
その辺りを修正する事で改善していきます。

施術について

基本的な施術

症状により多少は違ってきますが
健康保険を利用したよくある施術内容を紹介しておきます。

1.電気療法

痛みの出ている箇所と
投球に関係する筋肉に対して
鎮痛と緩める為に電気療法を行います。

EMSといって筋力強化の周波数もあるので
インナーマッスルが弱い方にもオススメです。

2.PNFストレッチ・マッサージ

ただのストレッチではなく
自分の力を使って身体を柔らかくする
ストレッチとなります。

施術直後に可動域が改善されるので
すぐに実感が出来ます。

動かすことが出来ない方は
マッサージクリームを使った
マッサージを行います。

3.フォーム指導

痛みが改善しても野球をプレーすると
すぐに痛めてしまう人が多いです。

フォームの悪い部分をお伝えして
それを改善する為のトレーニングを
指導させていただきます。

フォーム指導は推奨しているだけで
必要ない方は痛みが改善した段階で
施術は終了となります。

 

慢性的な野球肩

昔から野球をすると肩が痛む
ピッチャーなので常に痛い

など持続して痛みがある野球肩は
自由診療となります。

電気療法により血流改善と鎮痛を行い
PNFストレッチや筋膜リリースを行い
肩周辺の筋肉を緩め姿勢を改善します。

また肩関節の可動域を拡げて
投げやすい状態を作ります。

痛みが強い場合ははり治療や
ハイボルテージという高電圧の電気刺激で
深い痛みを取り除く施術も行います。

急性的な野球肩

2週間以内の原因がわかる野球肩は
保険での施術が可能です。

・遠投をして痛めた
・ボールを投げた瞬間に痛くなった
・肩にボールが当たって
我慢して投げたら痛くなった

などです。

電気療法により血流改善と鎮痛を行い
PNFストレッチや筋膜リリースで
筋肉を緩め姿勢を改善します。

ご希望の方は痛みの改善と共に
正しい投球フォームを指導します。

・肘が下がってる
・下半身が使えてない

など抽象的な指導ではなく

なぜ、その位置なのか?
なぜ、そう動かすのか?

具体的な理由をお伝えしながら
バイオメカニクスに基づいた
指導を行います。

予約について

※現在はコロナウイルス対策の為
予約をオススメしております。

ネット予約は前日から可能です。

当日は電話予約でお願いいたします。

電気治療のみの方は予約なしでも
比較的すぐに対応できます。