野球肘の原因は?

投げすぎ
遠投など急激な力を入れる投球
悪いフォーム
身体のバランスが悪い

などが多くの原因があります。

これは野球をやっている人なら
誰でも知ってる事ではないでしょうか。

しかし、肘への負担は
上記の原因とは関係なしに起きています。

投げる時、肘には外反ストレスといって
肘の内側にテンションが掛かります。

強いボールをたくさん投げると
肘の内側にストレスが掛かり
野球肘になってしまうのです。

小学生から中学生くらいは
剥離骨折が多くなります。

そのまま投げ続けると
肘の外側の骨がぶつかって
更に酷い野球肘になってしまいます。

つまり、一番の予防は
肘に負担を掛けないことです。

具体的には全力投球を避ける事が大切です。

いくらフォームを良くして
身体を鍛えて強くしても
掛かる負担が多くなれば野球肘になります。

全力投球のガイドラインは

小学生 1日50球以内 週200球を超えない
中学生 1日70球以内 週350球を超えない
高校生 1日100球以内 週500球を超えない

とされています。

これが全てではありませんが
野球肘にならない為には
これを1つの基準としておくと良いですね。

施術について

怪我の状況に応じて
施術の内容が違ってきます。

ここでは主な施術について解説していきます。

1.痛みの出始め

痛みが出始めた時は健康保険での施術が可能です。

2週間以内の怪我であれば
保険適応となります。

初回の施術は電気治療とアイシングや
固定などがメインとなります。

その他、日頃気を付ける事など
アドバイスさせていただきます。

2.症状が改善してきたら

肘周りの筋肉を緩ませるために
スポーツマッサージを行います。

また、必要に応じてストレッチをします。

抵抗運動など運動療法も少しずつ行います。

3.運動療法

比較的早くから始めていきます。

肘を動かしても痛くない
メニューを行っていきます。

痛みがあるうちは下半身の強化と
体幹の固定力アップがメインとなります。

肘に負担が多くかかるのは
肩の使い方であったり
下半身の使い方が悪いのも原因の1つです。

重心位置の取り方
関係する関節の柔軟性
体幹の固定力

など足りない部分を補うような
トレーニングを行います。

剥離骨折の場合

野球肘で剥離骨折していた場合は
超音波治療を行います。

骨折の治療期間を約40%短縮できるという
エビデンスがあります。

理論上は全治5週間であれば
3週間程度になります。

1回の治療時間は20分となります。

料金

急性的な野球肘

通院が始まってから痛みがなくなるまで
もしくは、3ヶ月程度までは

健康保険適応となります。

受給券がある場合 200円
健康保険の場合 360円
保険外(テーピングや湿布など)150~300円程度

※テーピングなどの固定や湿布などは
自費となります。

慢性的な野球肘

保険適応外になった後も
自由診療となります。

スポーツケア 30分 2750円(全身のケア)
肘肩のみのケア 20分前後 1650円
運動指導(フォーム指導) 30分 2750円
試合前のテーピング 600円

施術時間

施術時間は症状によりますが

保険診療の場合は
5分から20分程度

となります。

初回は問診等があるので30分程度かかります。

予約について

※現在はコロナウイルス対策の為
予約をオススメしております。

ネット予約は前日から可能です。

当日は電話予約でお願いいたします。

電気治療のみの方は予約なしでも
比較的すぐに対応できます。

野球肘を改善する為に

野球肘は肘にどれだけ負担を掛けずに
プレーできるかどうかが大切です。

投球動作は身体にとっては
良くない動きです。

実際、投球フォームが良いはずの
プロ野球選手でも肘の怪我は絶えません。

つまり、フォームを良くしても
野球肘にならないわけではないのです。

しかし、アマチュアはフォームも
筋力やバランスも改善の余地はあります。

つまり、肘に掛かる負担を減らす事は出来ます。

フォームが良く見えても
肘に必要以上の負担が掛かってる事もあります。

野球肘にならない為には
怪我しにくい身体作りが大切です。

とはいえ、投げすぎては意味がないので
日々の投球数もちゃんと見直しましょう。