上記のように

「いつ」「何をして痛めた」

ということが明確であれば
健康保険を利用して施術が出来ます。

2週間以上前の怪我や慢性疾患の場合も
健康保険適応外となります。

「いつ(二週間以内)」
「どこで」
「何をして痛めた」

がわかれば、使えると考えてもらって大丈夫です。

よくある保険が使える例と使えない例

来院してくる患者さんで
保険が使える例と使えない例について
まとめています。

保険が使えない例

ヘルニアが痛む
昔痛めた傷が痛む
肩こり
慢性的な腰痛
神経痛
五十肩
骨盤矯正
姿勢矯正
慢性的な野球肘などのスポーツ障害

保険が使える例

ヘルニア持ちだけど今日ぎっくり腰になった
元々肩こりがあるけど昨日寝違えて痛みが増した
腰痛持ちだけど一昨日荷物を持ったら痛くなった
昼間、草むしりをしたら痺れがひどくなった
遠くにボールを投げた瞬間、肘が痛くなった

もう一度、古傷を痛めたなどは
保険適応となります。

ただ、元々痛みがある部分は
完治の判断が難しいので
ある程度の痛みが取れた時点で
終わりになるケースもあります。

保険が使える期間の目安は
おおよそ3ヶ月程度となります。

どんな施術をするの?

主な施術は

・低周波治療
・超音波治療
・ストレッチ
・マッサージ
・アイシング
・温罨法(温める)

これらを症状に合わせて
行っていきます。

施術時間は部位によって違いますが
長い人で3部位の方で
20分前後が多くなっています。

健康保険を利用する場合は
マッサージ店などで行うような
慰安目的の施術は行えません。

具体的には、1時間5000円などと
時間を決めての施術は行えません。

怪我した部位以外の施術は
自由診療として追加する事になります。


・手首の捻挫の施術に追加して
慢性腰痛の施術を行う

・寝違えの施術に追加して
バランス矯正を行う

注意点

ただ、骨折・脱臼の施術に関しては
医師の同意が必要となります。

医師の同意がない場合は
保険を使った施術が行えないので
自由診療となります。

同意について不明点がありましたら
お気軽にご相談ください。