足首の捻挫の原因は

段差につまずく

階段など踏み外す
ジャンプして着地した時に何かを踏む
ドリブルなどでかわす

などの動作が原因で内側や外側に捻ることで発生します。

足首の捻挫は

「どのような角度で足首を捻った」

という事が重要です。

足首周辺はたくさんの骨で構成されていて
たくさんの靭帯で固定されています。

足首の捻り方によって負傷する箇所が違うので
一言で捻挫と言っても施術する箇所は変わってきます。

当然、テーピングなどのやり方も違います。

また剥離骨折を伴うことも多いので
病院でのレントゲン検査も大切です。

ただ、病院ではサポーターなどで固定して
1週間後、2週間後などの状態のチェックのみが多いです。

最初は毎日経過観察をしながら
物理療法を行う方が治るのが速いです。

過去の事例では

病院で4週間と言われた症状が3週間。

2ヶ月と言われた症状が1ヶ月半。

骨折して1ヶ月後に検査したら
より骨が離れてしまったという方が
当院に通院してから1ヶ月で骨折部が治る。

という事もありました。

ですから、病院で検査をした後に
物理療法をしてもらえない場合は
当院での施術をオススメします。

1.痛めた直後

※左側は怪我していない足
※右側は捻挫して翌日の足

上記は骨が折れてない軽度の捻挫です。
病院では全治1ヶ月と言われました。

腫れが治まってくるまで
超音波療法とアイシングを行います。

すねの筋肉やふくらはぎの筋肉も
硬くなっているので施術をします。

施術後はテーピングや包帯などで
固定していきます。

その他、日頃気を付ける事など
アドバイスさせていただきます。

2.症状が改善してきたら

※受傷から2週間

ある程度安静にしていれば
10日~2週間くらいで
患部の症状が落ち着いてきます。

この時期は歩行痛もほとんど無くなりますが
多少のむくみなどは残っています。

痛み減ってきた段階で
スポーツ用のジェルを使って
患部をマッサージしていくと
見た目も元に戻っていきます。

引き続き電気治療や超音波治療を行い
患部が固まらないように動きを入れながら
施術していきます。

再受傷しないように引き続き
テーピングによる固定を行っていきます。

3.運動療法

痛みが無くなってきたら
チューブトレーニングやスクワット
ジャンプトレーニングなどを行います。

特に必要がなければ来院されなくても構いません。

ただ、足首の外側を捻る捻挫は
足首を動かす筋肉が弱い事も原因の1つです。

再受傷しない為にも
しっかりとトレーニングをする事が大切です。

料金

通院が始まってから痛みがなくなるまで
もしくは、3ヶ月程度までは健康保険適応となります。

健康保険の場合(目安)
初回 1000円
2回目 500円
3回目以降 400円
受給券がある場合 200円

保険外
冷感ジェルによるマッサージは200円
テーピングや湿布など150~300円程度

※テーピングなどの固定や湿布などは自費となります。

よくある施術例
1.電気療法+超音波治療 200円(保険・受給券利用)
2.冷感ジェルによるマッサージ 200円(自費)
(むくみ改善・冷却効果・炎症抑制)
3.テーピング・包帯固定 200円(自費)
合計 600円

その他
はり治療 1部位 1000円
灸治療 1部位 500円
ハイボルテージ 1部位 300円
スポーツケア 30分 2750円(全身のケア)
試合前のテーピング 600円

施術時間

施術時間は保険診療で
5分から20分程度となります。

初回は問診等があるので30分程度かかります。

予約について

※現在はコロナウイルス対策の為
予約をオススメしております。

ネット予約は前日から可能です。

当日は電話予約でお願いいたします。

電気治療のみの方は予約なしでも
比較的すぐに対応できます。

足首の捻挫は根本治癒を

接触プレイや段差に躓くなどで
足首の捻挫をするのは仕方ありません。

しかし、ディフェンスを交わした時や
横のステップなどで受傷する場合は
筋力の低下なども原因の1つとなります。

繰り返し受傷する場合は
身体のバランスや筋力バランスなどを
見直す必要があります。

また、痛みが無くなってからすぐにプレイして
再受傷する方も多いです。

骨折に比べると捻挫は軽視されがちです。

痛みが無くなってから関節の動く範囲や
筋力などがしっかり戻るまで
しっかりケアをすることが重要です。