自由診療

肩こりや慢性的な腰痛・スポーツ後のケアなどで行う施術です。

最初に最新の電気治療器で筋肉を動かし
柔軟性を出していきます。

その後、徒手によるバランス調整を行い
症状を改善させていくのが基本です。

軽い抵抗運動やストレッチを行いながら
身体のバランスを整える事で
患部の負担を和らげる事できます。

鍼灸治療や経絡治療を
基本の施術に合わせると
より効果的な結果が得られます。

当院でオススメしているのは
ナノクリスタルの光が放射される
置き鍼による経絡調整です。

人によっては数分で効果を実感されています。

通常の自由診療のみを行った人と
経絡調整をプラスした人を比べると
ほとんどの人が次の日に違いを感じています。

追加時間もほぼ無しで出来ますので
どんな治療を行っても効果を感じない人は
オススメしています。

>>料金など自由診療の詳細はコチラ

保険診療

日常生活中に痛めた部分や
スポーツによる怪我に対しての施術は
健康保険を利用する事が可能です。

ただ、怪我をしてから時間が経っていると
対応できません。

おおよそ2週間程度前までの
怪我に対して使えると思ってください。

子供の場合は受給券が利用できますが
学校活動中の怪我では使えません。

施術内容は電気療法や温熱療法
手技療法・運動療法となります。

受傷直後は電気療法・アイシングがメインで
症状の改善とともに運動療法や
可動域改善のストレッチなどを行っていきます。

患部以外の施術を行う場合は
自由診療と組み合わせる事になります。

>>料金など保険診療の詳細はコチラ

交通事故治療

交通事故治療は保険診療と同じような施術内容となっています。

ぎおん鍼灸整骨院では
交通事故に詳しい弁護士事務所と
提携しています。

治療の事だけでなく
事故によるトラブルでお悩みの方も
お気軽にご相談ください。

当院を通しての相談であれば無料です。

■相手が任意保険に加入していなかった
■過失割合に納得できない
■治療費を支払ってもらえない
■車両の修理代が納得できない

など、怪我の事だけでなく
様々な悩みを抱えている人が来院しています。

施術に関しては

■待ち時間がほとんどない
■夜遅くまで対応
■無理な通院回数を勧めない
■患部以外の余計な施術はしない

などに気を使っております。

また、既に整形外科に通っている方も
併用して通院する事は可能です。

ただ、整骨院に通っている人は
当院と併用する事はできません。

その他、治療以外の事も相談を受けますので
困っている方はお気軽にご連絡ください。

>>料金など交通事故治療の詳細はコチラ

来院について

よくある質問を簡単にまとめています。

予約について

ぎおん鍼灸整骨院は予約優先となっております。

予定が読めず予約が取りにくい方は
通院できるとわかった時点で
予約をしていただく事をオススメします。

予約なしの方は別の患者さんがいる間は
お待ちいただく事になりますのでご了承ください。

電気治療のみの方は
比較的待たずに施術が出来ます。

駐車場について

駐車場は店舗の前に2台ございますので
お車での来院も可能です。

持ち物について

健康保険を利用する方は
保険証をお持ちください。

子供の場合は健康保険証と
受給券をお持ちください。

服装は出来るだけ動かしやすい恰好で
お願いいたします。

ジャージなど運動着じゃなくても良いですが
堅い素材の服やスカートなどの場合は
矯正やストレッチが出来ない場合がございます。

着替える事は可能なので
持ってきていただいても大丈夫です。

運動指導の方は室内履きをお願いいたします。

 

どうして身体が痛くなるのか?

腰痛や肩こりで

「体幹トレーニングした方がいい」
「ストレッチして身体を柔らかくした方がいい」
「適度な運動をした方がいい」

など聞いた事はありませんか?

確かにどちらも大切な事です。

ただ、漠然とやっても
効果が出ないどころか悪くなる事もあります。

そもそも身体が痛くなるのは

「身体がうまく使えていない事」
「左右差がある事」

が多くの原因です。

日常生活での怪我も
スポーツでの怪我でも同じです。

身体はたくさんの関節がありますが
柔らかい方が良いわけではありません。

「動作をする時に動いてはいけない関節」
「動作する時によく動かないといけない関節」

があるんです。

でも、これはYouTubeをみたり
本を読んだからと言って
わかるわけではありません。

仮に理解できたとしても
動画で撮って確認しない限り
動作が正しいかどうか確認する事は出来ません。

しかも、今出来てない事は
正しい方法の指導を受けない限り
ずっと出来ないんです。

当院ではコアトレーニングを行いながら
身体の使い方を覚え、左右差を減らし
怪我しにくい身体に変えていきます。

慢性疾患の人も筋力強化だけでなく
姿勢を変えたり、身体の動かし方がわかると
症状が改善してきます。

根本的な改善をしたい人は是非ご相談ください。